1953年(昭和28年)、知事に認可され開園。1956年には、新園舎(建物450㎡、運動場940㎡)が完成し、当時は、モデル園舎と言われてました。園のまわりには学校、博物館、病院、鶴岡公園等があり、社会資源を活用した保育ができます。また、800㎡の敷地には、樹齢50年以上の木々が四季折々に実を結び、季節の変化を楽しませてくれ、小さな畑やプランター、花壇に咲く花々、植物を通じて愛でる心と小さな生命の尊さを学んでいます。園舎内では保育室とホールで身体を使った遊びや運動などに取り組み、のびのびと活動しています。
 

 

保育の目標

 

キリスト教による人間形成 保育の中心は遊びです

 幼児期の豊かで充実した生活はお子さまの将来の生きる力となります。それは日々の遊びの中で主体性が育ち、遊びの中で人間関係を学び、遊びによって心身を発散し精神が安定し集中力が養われます。遊びは放任された遊びではなく、発達に応じた環境を子どもたちと共に創り出していきます。遊びは幼児期の総合的な学習の場となり、豊かな成長をお約束させていただきます。


園の特色

 
●若葉幼稚園の幼児教育はキリスト教精神に基づく"愛と生命を育み子どもの心と共存する"保育を教育方針としています。

●たてわり保育、少人数保育でいたわりの心を育てます。感謝の気持ちを培います。
 


保育の目的

 
1. 神さまの愛を知らせる
2. 子どもの自発的な考えを大切にする
3. 遊びの中で学ぶ経験をもつ
4. ことばの喜びを共にする
5. 自然とのふれあいをもつ
6. 心と身体を鍛錬する

 
田口 美穂 園長
 
 若葉幼稚園は130年以上前、庄内の地にキリスト教を持ち運んだ宣教師ガルストによって建てられた鶴岡教会付属の幼稚園でしたが17年前、学法人となり教会から独立しました。しかし、なお、イエス・キリストの示された愛の香り満ちる場でありたいとの願いを持ちながら歩んでいます。
 若葉幼稚園は新年度から新築成った園舎に移り、幼保連携型へ移行予定です。0歳児(6ヶ月を経た人から)をお受けできる設備も整えました。自園給食を始めて5年がたとうとしています。調理の方々の細やかな心づかいで、毎日おいしいお昼ごはんに舌づづみを打っています。


 子どもの生活は遊びそのもの。遊びに中に学びがあるのです。十分に遊びこんだ人たちには見えない力(忍耐力・創造力・想像力・共感力)が育ち、その生涯を豊かなものにするでしょう。
 キリスト教の精神を土台とし、「柔らかく、暖かく、ゆっくりと」子どもたちとの日々を保育者たちは下から支えて過ごします。
 
<経歴>
 青山学院大学大学院文学研究科修了後、キリスト教教育主事として教会で8年、養護施設で2年勤務後、保育者として35年。前任地、鶴川シオン幼稚園では主任を11年、園長を12年勤める。2014年4月、若葉幼稚園の第8代目園長に就任、現在に至る。